スキーツアーはバスと新幹線のどちらがいいか

スキーツアーには色々な交通手段がありますが、主に利用されているのはスキーバスと新幹線になります。スキーツアーを首都圏からバスで行く場合には、関東一円の山の中か、遠くても長野県や福島県、そして宮城県になります。
なぜそれ以上先まで行かないのでしょうか。
それは、時間がかかりすぎるからです。

確かに昔のスキーツアーとは違い、高速バスは高速道路を走っていますので、出発してから現地に到着するまでの時間はかなり短くなりました。

昔5時間ぐらいかけていったところでも、今なら3時間ぐらいで行くことが可能になるのです。

このように時間は短縮することに成功していますが、あまりにも距離が遠いと乗客が乗らないのです。例えば、青森県までは8時間以上かかりますが、わざわざ8時間もバスに乗車していたいという人は少ないのです。

8時間かかると言うことは、夜の10時に出発して現地に着くのが朝の6時になります。

スノボツアーに対して関心度が高まっています。

そこからスキーを初めても当日中に帰るのは午後の2時には出発をしなければ間に合わないと言うことになります。朝の7時から滑り始めて12時ぐらいまで滑って帰宅です。


これで満足する人もいるかもしれませんが、移動時間よりも滑る時間の方が短いツアーを利用したい人は少ないでしょう。

お勧めの産経ニュースについてお答えします。

もし、青森や岩手県、秋田県に行く場合には、新幹線を利用するとこで3時間から4時間で現地に到着が可能になります。日帰りも可能になります。



ただし、その分お金が高くなります。